さまざまな「出逢い」を綴ります


by shu_chan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

初!?のリーグ優勝チーム同士の戦い

久しぶりの更新です。

本日、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に関する体制検討会議によると
巨人の原監督にWBCの日本代表監督を要請することが決まったようです。

プロ野球人気に陰りが見えている昨今ですが
北京五輪でのメダルなしの結果から
星野監督がバッシングを受け、はっきり言って
WBCの日本代表監督に誰もなりたがらない状況が続いていたと思います。

さらに、星野監督がWBC日本代表監督を固辞したことを受けて
日本一の監督がWBC日本代表監督に…という筋書きに収まりそうでした。

そんな折、巨人と西武が日本シリーズ進出を決めました。
ということは原監督か渡辺監督の2人に絞られたわけです…
しかし、まだ日本シリーズの結果は出ていません。

ということはおそらく…監督経験の浅い渡辺監督より
実績、経験を持つ原監督の方を選んだということでしょう。

原監督は、巨人において
長嶋さん、王さんの跡を継いで巨人の4番を打っていたわけです。
4番での出場試合数は歴代、川上さん、長嶋さん、王さんに次ぐ4番目。
巨人軍の4番打者といったら…長嶋さんという人が多いかもしれませんが
私にとっては、原さんなのです。

そんな境遇の原さんは、巨人だけではなく
国際舞台においても、同じような境遇のようです。

アテネ五輪(2004)での長嶋監督。
第1回WBC大会(2006)での王監督。

そして第2回WBC大会(2009)で…原監督。(まだ決定していませんが…)

ON時代が終わりを告げる中…次世代への世代交代の端境期にいるのが
原監督のようです。

私は今、原辰徳ファンの一人として
応援していますし、プロ野球も見ています。
原監督が今、どういう心境かは知る由もありませんが
私は、ぜひ引き受けてやって欲しいと思っています。
いち野球人として、国際舞台でも躍動する原監督を見てみたいです。

そういう話題の中…
クライマックスシリーズが導入されてから(パリーグは2004年から、セリーグは2007年から)
初と言ってもいい、リーグ優勝チーム同士の日本シリーズになります。
実際には…2006年の日ハムと中日戦が初ですが
クライマックスシリーズを勝ち抜いてきたリーグ優勝チームが
この年の日ハムだけのため印象が薄い…。

このシリーズは、80年代から90年代の同じ時代に活躍した
原監督と渡辺監督の戦いが楽しみですね。
その辺はお互い意識しているようです…。

まず原監督には、今年日本一になっていただき
WBC日本代表監督の選考基準をわかりやすくクリアしていただき
来年、世界一を目指して日本代表を率いて欲しいです。

…シュウちゃん…
[PR]
by shu_chan1341 | 2008-10-28 00:48 | スポーツ