さまざまな「出逢い」を綴ります


by shu_chan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「1枚の写真から」の出逢い

小学校5年生の時だったと思います。
国語の時間に作文を書きました。

「1枚の写真から」という題です。
全員が今までの自分の写真の中から、1枚写真を選び
その写真から感じることだったり、思ったことなどを書いたと思います。

f0034331_1585028.jpgその時に私が選んだ写真は…、私が多分…2~3歳頃の写真でした。
「笑っているようにも見えるし…、泣いているようにも見える…どっちだ?」という写真でした。
写真の背景を見る限り…おそらく…家の前の道を歩いている時に、撮った写真です。

この作文の授業は、当時の 担任の先生=タケナカ先生 が、国語が専門科目だったようで
研究発表授業だったみたいです。

というのは…

国語の授業なので、当然教室で授業はやっていたんですが…
他の学校の先生が授業参観する日に、なんと!
「体育館」で授業をやりました。

体育館の中で、「体育」ではなく「国語」の授業をやったんです。
自分の机といすを運び、教室と同じように机といすを配置し
座る席も教室の時と同じ位置に座りました。
(でも、一部の人は先生の指示で席替えしていた人もいたっけかな…?…あんまりはっきりと覚えていないけど…ぼんやり覚えている)

私は、左の一番後ろの角の席でした。

「何でこんな時に、この席なわけ…」
「誰かが見にきたら、丸見えだけん」
f0034331_144521.jpg

授業が始まって、しばらくすると
どっかの学校の先生が近づいてきた。

「おいおい、くんなよ!」
「なんで、近づいてくっとや」

真横まで来て、読んでます。見てます。

「見んなよ!」
「どっか他いけよ!」
そんなことを思いながらも、口には出せずに作文を書いていました。

その体育館での授業後、私の作文を読んでいた他の学校の先生から
「良く書けていましたね。」みたいなことを、担任の先生は言われたらしく
ニコニコしながら、私を褒めてくれました。
何で褒められているのか最初は良く分からなかったことを覚えています。
私にとっては、ずっと隣で読まれていたことが、恥ずかしいやら緊張するやらで嫌だったからです…。

でも…、作文の”でき”が良かったみたいで、後から良く書けている事を褒めてくれたんだということがわかりました。

担任の先生もこの写真は気に入ってくれていて、見ていてニコニコ顔でした。
この時の写真が私も気に入っていたのですが、確か先生が借りていって
そのままどこかにいってしまいました。
今、この時の写真はもうありません。
私の記憶の中に残っていますが…。残念です。

f0034331_2122987.jpg作文の中身はすっかり忘れていますが…
「1枚の写真から」 という題で
出逢った写真がやけに今でも印象に残っている私です…。

…シュウちゃん…
[PR]
by shu_chan1341 | 2007-02-04 02:02 | 日記